このブログでは PIC18F1320 を使って、最初の専用ハードウェアを作ります。 デバッカーとしてPICKit3を使い、この基板をターゲットにPICの勉強を続ける予定です。 その後、RRP1320-0の周辺回路基板を作り、目に見える動作を楽しみながら学習する予定ですが、PICKit3から見れば下図のRRP1320-0しか見えないはずです。 これ以上は無理な位シンプルにしました。 1本でも多くの端子を周辺回路に割り振れるように、外付けのクロック回路すら削減し、内臓クロック8MHzを使う予定です。

RRP1320-0_circuit


レイアウトは下図の通りです。 ドットがユニバーサル基板のスルホール、水色が裏面のスズメッキ線、赤色が部品面(PIC実装面)のジャンパー線です。 青色はPICとヘッダーピン、ヘッダーソケットと基板で部品面から見た図です。

レイアウト


PICKit3から見れば、PIC18F1320の端子に何を出力したかが重要なだけで、周辺回路基板がどうあろうと知ったことではありません。 同時にPICKit3からは、周辺回路基板がPIC18F1320の入力(に設定した端子)に与える電圧とその変化しか見えませんし、粛々と予め決められた手順に従って出力端子を動かすだけです。

PICの入出力端子の挙動とプログラムが織り成す現象を、結果的に人を楽しませたり、人の役に立つもにする知識と経験を学びたいと思います。


以下は、RRP1320シリーズ関連記事のインデックスにします。

PIC18F1320の入出力ピン
 PIC18Fシリーズの中で、最もピン数の少ないPICデバイスですが、最小規模の18F1220に比べて2倍のプログラム・メモリー容量を持っています。

RRP1320-0 ハード製作 
 RRP1320-0の部品が届いたので、早速製作します。 必要な部品は下図の他には若干のスズメッキ線とジャンパー用の被覆線と言うように極少数です。

RRP1320-0 ハードデバック
 RRP1320-0 が出来たので、ハードウェア・デバックを行いました。 始めて故に最も気になっているのは、本当に内臓OSCの8MHzで動いてるのかと言うことです。

RRP1320-0 test1 構造
 「RRP1320-0 ハードデバック」に紹介したLEDを点滅させるプログラム(プロジェクト)について説明します。 割り込みを使う為、プログラムの機能毎に独立した複数のソースファイルを作っています。 この記事から test1 のプロジェクトを丸ごとダウンロード可能です。

RRP1320-0 test1 割込み・ピン機能設定
 最初にA/Dコンバーターの設定をしてから、出力ポートを設定しています。 8MHzの4周期分(0.5usec)と1/16プリスケーラーを使って100msecのカウント値(12500d)を求め、100msecで16bitタイマーカウンターがオーバーフローするように TMR0H , TMR0L の値( 0CF2Ch )を準備します。

RRP1320-0 test1 低位割り込み 
 今回発生する低位割込みはTIMER0 だけです。 最初にレジスターを退避して割り込みフラグをリセットし、TIMER0 のカウンター値を初期化してから必要な処理を行いレジスター復旧して RETFIE で割込み処理を抜けます。


楽々PIC」は楽しい道具を作りながら学ぶブログを目指します。