記事「RRP1320-0 test1 構造」で説明するべきだったかも知れませんが、PICkit3 を使ってデバックを始めるまでの様子を紹介します。

「RRP1320-0 test1 構造」からダウンロードできるプロジェクト(RRP1320-0-1)を開いて Run するまでを紹介します。

最初に Project → Open から RRP1320-0-1 を開きます。

Open

Open_Project


Output ウィンドウは下図の表示になると思います。

No_PICKit3


PICkit3 をターゲット( RRP1320-0 )に接続します。

DSC00056


PCにUSB接続すると以下のダイアログが現れますから、接続したPICデバイスと一致していることを確認して OK をクリックします。

Voltage_Caution


暫くすると、Output ウィンドウの表示が下図のように変って接続完了です。

Connecting

このプロジェクト(RRP1320-0-1)では、PICkit3 からターゲットボードに電源(+5V)を供給していますが、外部から電源供給している場合は、ターゲットの電源をONして下さい。
シミュレーターと同様に、ビルド、Program、Run を使ってオンボード・デバックが可能になります。

PICkit3 をUSBポートから抜く時は次のようにしています。
(1) Run 状態なら Halt する。
(2) 外部からターゲットに電源供給している場合は電源をOFFする。
(3) プロジェクトをクローズ(Project → Close ファイル選択)する。
(4) PICKit3 をUSBポートから抜いてMPLABを終了する。


以下は PICkit3 の使い方に関する記事のインデックスにします。

PICkit3 デバッカーに設定 
 シミュレータで書き進めたプログラムをPICkit3でインサーキット・デバックしようとすると、PICkit3をデバッカーに設定する必要があります。

PICkit3 プログラマーに設定 
 出来あがったプログラムをPICに焼いて(プログラミング)、PICkit3 無しで動作させてみます。

PICkit3 デバッカーに戻す 
 プログラマーに設定したPICkit3をデバッカーに戻します。

PICkit3 不調? 
 「PICkit3 使い方」 、 「PICkit3 不安定」 と言ったキーワードで検索して来てくれる方がいらっしゃいます。 私自身は、「PWM 4 回路図」に紹介しているモーターノイズや誤配線以外で PICkit3 が不安定になるような経験をしていませんが、Webでみつけた記事を紹介します。


楽々PIC」は楽しい道具を作りながら学ぶブログを目指します。