記事「PICkit3」では、予めPICkit3をデバッカーに設定したプロジェクトを開いているので、問題なくPICkit3を使っていますが、シミュレータで書き進めたプログラムをPICkit3でインサーキット・デバックしようとすると、PICkit3をデバッカーに設定する必要があります。

Debugger → Select_Tool → PICkit3 と選択してチェックを入れます。

Debugger_Select


ターゲットデバイスを確認するダイアログの後でPICkit3を検出してるはずです。

You_must_connect

ターゲットのPICデバイスに電源が供給されていない場合は、PICkit3を検出後、上図のように You must connect to a target devaice to use PICkit3. のメッセージが表示されます。 電源の扱いによって、次のように対処します。

<<< 外部電源の場合 >>>
外部から電源を供給する場合は、外部電源をONにすると Device ID Revision を表示してデバック可能になります。 Device ID が不一致と表示された場合は、ターゲットを確認して Debugger → Reconnect を試してください。

<<< PICkit3 から電源供給の場合 >>>
以下の制限の範囲内であれば、PICkit3 から電源供給を受けることが出来ます。
 (1) 消費電流 30mA 未満
 (2) 容量負荷 100uF 未満

条件を満足することを確認して Debugger → Settings を選択して現れる PICkit3 Settings ウィンドウから電源供給を設定します。

Debugger_Settings

PICkit3 Settings ウィンドウの Power タグで、Voltage を確認(あるいは調整)して Power target circuit from PICkit3 のチェックを入れてOKボタンをクリックします。

Settings_Power

電圧を調整できると言うことは、必要に応じて低電圧試験が出来そうです。

参考資料
 PICkit_3_User_Guide_51795A.pdf
 http://ww1.microchip.com/downloads/en/DeviceDoc/PICkit_3_User_Guide_51795A.pdf


PICkit3の使い方関連記事のインデックスはこちら → PICkit3 


楽々PIC」は楽しい道具を作りながら学ぶブログを目指します。