「テーブル・ジャンプ」 や 「ジャンプ・テーブル」と言った検索をして来てくれる方がいらっしゃいます。

RRP1320-1-02-1 , RRP1320-1-03-1 , RRP1320-1-04-1 では、赤外線リモコンの受信コードに応じて16個、登録外コード受信時に1個の合計17個のサブルーチンをコールします。 中間コードを比較しながら分岐命令を連ねて受信コード毎の分岐を実現していましたが、ジャンプ・テーブルを使った方法を試してみました。 <PICデバイス=18F1320> 今後アップロードするプロジェクトから適用します。

PIC18F のテーブル・ジャンプは PCLATU , PCLATH にジャンプ先のアドレス上位、中位を準備して、PCL に下位を書くことで実現します。 下図はテーブル・ジャンプを使っているアセンブラ・ソースで、ircchk5 に実行を移す時点で ircode に 1~16(10進数) の値が入っています。

初めに PCLATU , PCLATH , ircd3(私設ワーク) にジャンプ・テーブルの先頭アドレス( ircchk51 )を準備して、( ircode - 1 )を2倍した値を加算することで、目的のジャンプ・アドレスを完成させます。

Jump_Table

最後に PCL に下位アドレス( ircd3 )を書き込んでジャンプ・テーブル内にジャンプします。 初め PCL への転送に MOVFF を使いましたが、アセンブラーがエラーを返して MOVFF は使えないと教えてくれました。 MOVWF なら問題なく BUILD SUCCEEDED です。

連番に基づく分岐処理の他、ジャンプ先のアドレスをデータ・メモリーに書いてジャンプ先を制御したいと言った時に使います。 PICではデータ・メモリーにジャンプ命令を書いて実行させることは出来ませんが、フック( HOOK )同様の動作が可能です。


以下は 18F ニーモニックと小技のインデックスにします。
以前の関連記事インデックスは とにかくビルド! です。


18F: DECF とボロー 
 減算タイマーの処理で DECF を使っていますが、2byte 以上のデータを扱うとボロー(桁下がり)の処理が必須にです。 引き算 SUBWF では上位 byte の引き算に SUBFWB を使ってボロー(Cの反転)を引き算しますが、DECF でも同様にキャリーフラグが動作するのか調べてみました。

18F: BCD 
 BCD ( Binary-coded decimal )は二進化十進数と呼ばれ、10進数を2進数( 4bit )で表現します。 何と言っても慣れ親しんだ10進数を扱う為に必須の手法です。


楽々PIC」は楽しい道具を作りながら学ぶブログを目指します。