RRP1320-1-04-2 を書き込んで PICkit3 無しの単独で動作確認していたところ、PICkit3 から電源供給していた時と比べて表示温度が5℃程も低くなることに気付きました。 LCD のバックライト用電流が大きいためか PICkit3 の供給電圧が低い(4.75V程度)と認識していましたが、25℃の5%なら1℃程度と漠然と考えていましたから、5℃も違うと原因を確かめる必要があります。

DSC00185

温度センサー LM60 の誤差は ±2℃@25℃ ですが、同じ(一つの)センサーで比較していますから無視します。 RRP1320-1-04 のA/D変換基準電圧(Vref)はPICの電源電圧を使っています。 電源電圧(5V)の変化に連れて入力電圧に対するA/D変換結果が変化します。 電源電圧を±5%振った時の電圧誤差と、温度換算結果は下図のようになると思います。 (厳密には間違った図ですが誤差範囲は同等です。)
温度換算の方法は「温度センサー4」で紹介しています。


vref

±5℃@25℃もの誤差が生じます。 これに LM60 の誤差が加わりますから、現状では温度表示値はあてに出来ません。 電源との組み合わせを固定し、誤差を確認して使うか電源電圧または基準電圧(Vref)を調整可能に作ります。 基準電圧端子は LCD に使っていますから、調整可能にする為には PICkit3 が使っている端子に LCD 出力を移す必要があります。


楽々PIC」は楽しい道具を作りながら学ぶブログを目指します。