楽々PIC

水田除草と言うブログを書いていますが、PIC関連の記事が意外に人気で驚いています。 PICを使った電子工作に興味を持つ方が多いことを知って、一緒にPICを学ぶブログを作りたいと思いました。 「楽々PIC」は教材と言うよりも少し実用性?のある楽しい道具を作りながら学ぶブログを目指します。

学習

XBee 3役

XBee に接続する回路の検討を進めつつ、3台目の XBee が入荷しました。 これで、コーディネーター、ルーター、エンドポイントと言う3役を同時にネットワークして実験が可能になりました。

下図は、入荷した3台目です。 XBee ( ZigBee 版  ZB シリーズ )は X-CTU と言う設定ツールを使って、前述3役のいずれかに設定できるのですが、この3台目はエンドポイントに設定しました。

DSC00236

X-CTUでAPIモード3役の内いずれかに設定し、PAN-IDを書き込めば、後はネットワークに接続して動作確認しながら、X-CTUに接続したデバイスからPAN( Personal area network )中の任意デバイスの設定を変更可能です。 ただし、コーディネーターは一つのPAN内に1台だけです。

緑色の基板は秋月電子通商さんの XBee用2.54mmピッチ変換基板 ( AE-XBee-REG-DIP )ですが、電池駆動や3.3V出力のACアダプターに対応するため、入荷時点の AE-XBee-REG-DIP に実装済みだった三端子レギュレータを取り除き、2.54mmピッチ1番ピンと2mmピッチ1番ピンを短絡して使っています。

下図は、Bee Explorer でビジュアル表示した3台のネットワークです。 Bee Explorer はコーディネーターに接続して使います。

Bee_Ex_3


ルーターを遠ざけると下図のように親子関係が変化します。

Bee_Ex_3kaku


暫くの間、コーディネーターに X-CTU を接続して使うことになると思うので、エンドデバイスにPICを接続してあれこれ試す回路を考えます。


楽々PIC」は楽しい道具を作りながら学ぶブログを目指します。




PIC18F13K22

 XBee を使って作ってみたいツールが色々あって、どこから手を付けるべきか迷いながら、あれこれ試しています。 エンドポイントやルーターにはマイコンを接続しなくても出来ることが沢山あるのですが、デジタル温度センサーなどを付けようとすると何らかのマイコンが必要そうです。 屋内のエンドポイントやルーターに隣接して見通しの良い条件では赤外線リモコンも併用して安価にON/OFFセンサーをちりばめると言うのも面白そうです。

こう言った用途に 18F13K22 も検討しています。

PIN SUMMARY です。
PIN_SUM_13K22


電源電圧とクロック周波数の関係図です。

V-F_13K22



18F23K22 はこちら→ PIC18F23K22


楽々PIC」は楽しい道具を作りながら学ぶブログを目指します。




XBee ドキュメント類

XBee の端子に何か接続しようとすると、ソース/シンク電流はどこまで許容されるのか、入力信号の敷居電圧は? と言ったことを知りたくなりますが、私が入手した参考書の中にはこれらの情報が見当たりませんでした。(探し方が悪いのか?) そこで、Webで検索、Digi International の製品ドキュメントから、4mA と判明しました。

XBee_E_Chara

英語版ですが、ATコマンドやAPIフレームについても詳しく書かれています。 参考書を元に、解らないところや不明確なところを調べる分には私でも理解できそうです。

ついでなので、ドキュンメント類へのリンクを並べておきます。(リンク切れ時はご容赦下さい)

 XBee-PRO ZB Programmable - chip antenna - cordinator API -
                  Documentation - Digi International
 http://www.digi.com/support/productdetail?pid=4549&type=documentation
 Product Manual: XBee / XBee-PRO ZB RF Modules が製品の取扱説明書です。
 (大きなファイルなので直接リンクは遠慮しておきます。)

   Documentation - Digi International
   http://www.digi.com/support/supporttype?type=documentation
   のメニューから XBee / XBee-PRO ZB (S2B) Modules を
   選んでみつけました。


 Digi API Frame Maker
 ftp://ftp1.digi.com/support/utilities/digi_apiframes.htm
 API フレームの詳細を調べたり、値を入力して具体的にフレームを作れます。


 X-CTU Software - Diagnostics, Utilities & MIBs - Digi International
 http://www.digi.com/support/productdetail?pid=3352&type=utilities
 X-CTU のインストーラーをダウンロードできます。

   Utilities - Digi International
   http://www.digi.com/support/supporttype?type=utilities
   のメニューから XCTU を選んでたどり着きます。


 Download ZigBee Operator
 http://www.zigbeeoperator.com/download.html
 Bee Explorer をダウンロードできます。 (要 .NET Framework )

   ZigBee Operator Home
   http://www.zigbeeoperator.com/
   から Download タグをクリックして見つけます。



楽々PIC」は楽しい道具を作りながら学ぶブログを目指します。





XBee 実験開始

 XBee の実験を開始しました。

ルーター側
DSC00234

コーディネーター側
DSC00235

 最初は参考書に従い X-CTU と言う設定ツールをPCにインストールして、購入した2つの XBee ( S2B ) をコーディネーターとルーターに設定します。 下図はコーディネーターに設定している画面です。

x-ctu_C

 その後、PCとコーディネーターに設定した XBee を接続して X-CTU を起動し、ルーター側の電源を入れれば、2台だけのネットワーク?を構築してくれます。

下図は Bee Explorer と言うツールでネットワーク?をビジュアルに表示しています。 2台だけだと寂しいですね。 エンドポイント用にもう1台あった方が XBee を再設定する手間も減り、理解が早まりそうです。

Bee_Exprorer


続いてコーディネーター側からルーター側 XBee のディジタル I/O 11番をHighに設定する API フレームを送り、予定通りルーター側のディジタル I/O 11番に接続したLEDが点灯しました。

下図は X-CTU のターミナル機能を使って、ルータ側 XBee のディジタル I/O 11番をHighに設定するフレーム交信している画像です。

x-ctu_P1

青い文字が送信フレームで、赤い文字がレスポンスです。 沢山のコマンドの中から幾つか試し、XBee を介してマイコン同士が通信する方法も見当が付きました。 次はいよいよ PIC 同士の通信を試したいと思います。 単なる実験ではつまらないので、何らか楽しいツールになるように考えてみます。

最後になりましたが参考書はこちらと、久しぶりに買ったトランジスタ技術 2012年12月号です。

 「超お手軽無線モジュールXBee」
 http://toragi.cqpub.co.jp/tabid/534/Default.aspx

お手軽XBee



楽々PIC」は楽しい道具を作りながら学ぶブログを目指します。


PIC18F23K22

これまで使って来た 18F1320 は 3.3V で使えない為、XBee と接続して使うデバイスを探していて、3.3V対応品のJシリーズには EEPROM が無いことを知りました。 Kシリーズと言うのを見ると、一つの製品を 5V でも 3.3V でも使えて EEPROM 搭載です。 Kシリーズの中から、以下の2つを候補にして詳しく調べることにしました。

 18F13K22   20PIN
 18F23K22   28PIN

この記事を書いている時点で、秋月電子通商さんでの価格は共に¥150でした。

18F23K22 をメインに使い、28PINでは大きすぎると言った特別な場合には必要に応じて 18F13K22 を使おうと思います。 18F1320 を採用して既に紹介済みの RRP1320 シリーズについては機能追加のタイミングで 18F13K22 に変更するかも知れません。

下図は 18F23K22 のPIN SUMMARY です。 XBee に接続して様々なセンサーを使おうとすると、独立した2つの EUSART と、2つの MSSP と言う合計4つのシリアル通信は魅力です。 EUSART の一方が PGC , PGD と被っているのでデバッグに苦労するかもしれませんがなんとかなるでしょう。

Comparator , CTMU , SR Latch , DACOUT と言った使ったことの無い機能もいずれ試してみたいと思います。

PIN_SUMMARY


下図は、18F23K22 の電源電圧とクロック周波数の関係図です。 XBee ( S2B )の電源範囲と同じく 2.7V まで使えそうです。 16MHzまで段階的に選択できる内臓クロックを使う予定です。 その場合、さらに電源電圧範囲が広がって 2.3V~5.5V と言う柔軟性がありがたいですね。 電源電圧範囲はPICに限らず他の製品も同様の傾向ですが、益々使いやすく成ってきました。

V-F

早速手配して、勘違いが無いか確かめながら XBee を使ったツールに挑戦します。

18F13K22 はこちら→ PIC18F13K22


楽々PIC」は楽しい道具を作りながら学ぶブログを目指します。




ダウンロードコーナー
記事検索
アンケートに御協力下さい


アーカイブ
楽々PIC 宛てBlogMail


--- ご了承下さい ---

注意して記事を書いていますが、記事及びリンク先の情報による不利益について、一切責任を負い(負え)ません。
QRコード
QRコード
アクセスカウンター

    Atsuhiro Imai

    バナーを作成


    プロフィール

    jyosou_robot

    • ライブドアブログ